【楽press実践記】61日目-サイトが賑わっている感を演出するのは重要

楽press実践記も60日を越せると言う異常事態になっています。

習慣をつけることができるって感動ですね。

 

心の中の悪魔が「今日はさぼっちゃえよ(^^♪」

…と毎日のように呟いてきますが、23時を過ぎるとどういう訳か実践記を書こうとしてしまうのですよね。だから何だって話ですが、やっぱり「習慣」を持っていなかったわたしからすると、習慣と言うクセを付けられるのはありがたいですね。

さて、今日は「にぎわっている演出」の話です。

スーパーアフィリエイターが言っていた「演出」

もうアフィリエイターを卒業しちゃった方なんですが、個人でコツコツとアフィリエイト実践記を書いていたアフィリエイターさんが居ました。

過去の記事にも1度書いたんですが、報酬ゼロの頃から

報酬500万/月になるまで不定期ですが実践記を書いていた方がいました。

特に情報商材とかもアフィリエイトせず、たんたんと実践記を書いていたのですが、

ご自身でやられたことや考えていることを惜しげもなく披露して下さっていたんですね。

 

その中で、私も〝ほほーう”と、唸った話がありまして

そのアフィリエイターさん曰く、「にぎわっている感を演出するのは重要」ってお話をされてました。

具体的には、検索から来た訪問者さんが自分のサイトを見た時に

「あ、このサイト人がいっぱい来てる」と、思ってもらうことが重要とのことです。

で、そのために色々と演出を施しているんだとか。

ちょっと前にwordpressの無料テンプレートを記事に書いたのですが

テンプレートを変えるとグッと見た目がかわって、なんか画面がわいわいしている感じがするんですよね。

テンプレートを変えたことによって、にぎわってる感の演出もできてきたんですが、何よりも自分のテンションが上がってサイトに愛着を持ち始めることができたのが大きいです。

自分のサイトって恥ずかしいので必要以上に見たりしないのですが、最近は通勤時間とかにもチェックして、見づらくないかとか流れが良いかとかこまめに見れるようになりました。

やっぱり見た目って大事ですねー。

今日のどうでもいい話

最近GoogleAdsenceの自動広告が話題ですよね?

あれ使っている人のサイトとか見ると、「え、そこに広告持ってくるの!?話の流れぶった切りじゃん(呆」って場面によく出くわします。

ユーザーファーストはどこに行ったんだよ、Googleさん!!

…と、ツッコミたくなるような広告の配置っぷりです。

あれ、報酬が30%上がったとか言っている人いますけど、そこまで関係ないとこに広告と言うか何やらわかんないものが出てきたら思わず押しちゃっているだけであって、ぶっちゃけこのタイミングで自動広告の話が持ち上がるってことは、企業の年度末の広告費使い切りを狙ったタイミングだけの話なんじゃ…って思ったりしちゃいます。

だから自動広告が報酬上がっているのはこの3月末までなんじゃないかと、個人的には考えてます…。

 

タイトルとURLをコピーしました