webライターとしてきちんとお金を稼ぐには自己投資も必要

将来の不安から、何か手に職を付けたいな…と、思う事は多々あると思います。

人気の資格で言うと「宅地建物取引士」とか{ファイナンシャルプランナー」とか
最近では「食品生活アドバイザー」なんかも人気ですね。

実際私の回りでも、60歳、70歳になっても
「宅地建物取引士」の免許があるので現役バリバリで働いている人を何人も知っています。
資格は取れるうちにとっておこうと考えるのは
転ばぬ先の杖としてとてもいい考えだと思います。

しかし、資格となると資格試験のために
講座を受講したり、テキストや過去問を購入したり
職に就くべく、職業紹介サイトに登録したりして
きちんと装備を揃えるのに、

こと、webライターとして何も準備しないのは
とてももったいないことだと思います。

もしあなたがwebライターとして“収入を得ていきたい、今後もずっと…”と、
思っていらっしゃったら、是非この先を読み進めてみて下さいね。

自己投資をすると成長の速度が違う

人生は有限と言いますが、あなたに残された時間はどのくらいでしょうか?
そのものズバリ余命の残り時間でもいいのですが

あなたが叶えたいと思っている願望について
それはいつまでに叶えたいものであるでしょうか?

例えば、あと3年以内に子供が好きな学校にはいれるように
ある程度お金を準備しておきたいとか

来年大きな出費があることが分かっているから
そのために備えたいとか

老後まであともうちょっとだから、少しでも貯金しておきたいとか…

お金を稼ぎたいと思う気持ちの裏には
いついつまでにこのぐらいあったらいいな…と言うある程度具体的な金額があると思います。

それが例えば老後が心配だからと言った漠然としたものであっても
今は老後にいくらかかり、年金はどのくらい受給されるかわかるのですから
残り必要な金額も産出できますよね。

しかも年金の受給までのタイムリミットも計算できます。

老後の年金に限らず、夢のためでも、子供のためでも
ある程度の目標金額はあるのではないでしょうか?

そんな具体的な金額がある場合、締め切りは決まっているのですから
その締め切りに向けて着々と結果を出さなければいけません。
この場合、「webライターとしてきちんとお金を稼げている状態」と言うことですね。

とりあえず稼げることはわかっているのだから
手を動かせばなんとかなるだろう…と、思うのは
ある意味その通りですし、とてももったいないとも言えます。

何故なら、いくらセンス抜群の感覚を持っていても
あなたの記事を評価するお客様の気持ちをきちんと理解できているかわからないからです。

ジブンが思っていることと、お客様の評価は
必ずしもイコールではないのです。

ここで重要なのは、自分を客観的に見える目です。

自分がどこまで客観的に見えているかはわからない

例えば身だしなみのルールがあるとします。

あなたは、ちょっとロングヘアーで目にかかるくらいの前髪をしていて
とてもこれが個性的で自分らしく、また似合っていると思っています。
回りの人もそんな個性的なあなたの前髪が気に入っていると、あなたが思っているとします。

しかし

前髪が長いことは、時と場合に限り個性を発揮して周りから好感が上がります。
もしあなたが病院に勤務してるとしましょう。

前髪が長く、顔にかかた状態で患者さんを診ると
患者さんとしてはちゃんと手元が見えているか不安になってしまうかもしれません。
さらに衛生面も気になり、この病院大丈夫かな?と、思ってしまうかもしれません。

もしあなたが、
病院と言う場所は衛生面が重要で、お客様の安心が不可欠。
と(当たり前のことですが)知っていたら、
いくら個性的で素敵だからと言って、前髪を伸ばしっぱなしにはしないでしょう。

webライターも同じようなことが言えるのです。

インターネットの世界は誰がどこで見ているかわかりません。
自分の想像もしないような人があなたの記事を読める状態なのです。

あなたの文章が個性的で面白くても
それをウリにしている専門のアーティストならともかく
ライターとしてお金を稼ごうとしているのなら
とてつもない致命傷になってしまいます。

要は、”その文章今必要ですか?”

と、言うものになってしまいます。
あなたの書く文章は読者から求められているものなのでしょうか?

そんな基本的な部分を知らずして
webライターを続けていても、報酬の伸び悩みを実感し
途中であきらめてしまう結末を迎えるかもしれません。

諦めて全く違う方向に方向転換するなら、それはそれで良しですが
もうちょっとやっていたら、驚くほどの報酬や、読者からの共感や感謝を得られるかもしれないのに
基本がないおかげで、あとちょっとを取り逃すかもしれないのです。

これは本当にもったいないことですよね。

だから基礎をしっかり硬め
自分に基礎の投資をすることによって、今後の無駄を省くことにつながるのです。

それだけではありません
あなたの「今」からも無駄を省くことができます。

言いたいこと、書きたいことは山ほどあるのに
うまく表現できない。
伝えたいこと、自分でしか説明できないことがたくさんあるのに
伝えるすべを知らない。

これも非常にもったいないことです。

あなたが最初からこれらに対応できる「基礎」を身に着けられたら
そんな無駄な時間は使わなくてすみますし

無駄になったであろう時間も
きちんと使いこなすことが出来たら、それだけ将来の役に立つ記事を世の中に産むことだってできるのです。

物事を始めるには最初が肝心です。
無駄に回り道をして大切な時間をつぶさないよう
最初の基礎固めは是非きっちりやって下さい。

タイトルとURLをコピーしました