【ブロガーズ11期20日目】ショックな事が起こってもブログ更新は止めない

今日はとてもショックな事がおきました。ブロガーズとは全く関係ないんだけど、ブログを更新するか否かの話だし、ここは自分のブログなので洗いざらい書いておこうと思います。

驚異的な偶然が起きました。こんな偶然ってありえるのか?ってぐらいの偶然です。この偶然は必然なのか、本当の偶然なのか…もし自分で意味をつけて決めるということが大切ならば、これは必然と考えないと気が収まるものじゃありません。

事の顛末から話すとなんてことはありません。元カレが結婚しただけです。

ただ、この知らせを聞いたのが本当に偶然で、ありとあらゆる偶然か重ならなければ私の耳に入ってくるものではありませんでした。故に、今ここでその話!?…と言った具合の衝撃だったのです。

私は去年彼と別れて、その後実家に出戻り、超激務な会社で働き、激務過ぎてパニック障害になり、うつ病になり、自律神経失調症になり、あまりにも症状が重くて遺書を書くレベルまで追い込まれました。その後療養を余儀なくされ、半年引きこもり誰とも会話せず10キロ太り、何というか人間ここまで奈落まで落ちていくのか?と言わんばかりの日々でした。

それに引き換え、元カレは着々と成長し、運命の相手と出会い速攻結婚したわけです。この天と地の違いって何よ…と、今突き付けられている現実にショックを受けました。

私は悲劇のヒロインって思ってるわけじゃないんだけど、被害者意識があるのか、それ故ショックを受けてしまうのか…。なんと言うか、自分の人生何やってきたんだろうって本当にわけがわからなくなった気分です。愚痴を言い出したらいくらでも出ます。悔しいって言ったら本当です。やっぱり若い女だよどーせってひねた考えも出ます。今すぐでもチクショー!!って叫べるくらいです。

でもそれよりも何よりも、自分何やってんの?って言う自分の現状に唖然とした気持ちなんです。私本当に今まで何やってたのかな?なんで自分の人生なのに大事にできなかったのかな?って悔やんでいます。私の人生って排他的と言うか、刹那的と言うか、どこか諦めたような感覚、それでいい、それが生き様…みたいな感覚でいました。それが全て集約されてここに鎮座した結果が今目の前に表されている現状のような気がします。

彼自身に恨みつらみもさらさらないし、幸せになれよって言わなくても絶対幸せを追求するタイプなので、全く心配はないのですが、まあでもね、やっぱりショックはショックなんですよ。色んな意味でね(笑)

でもこんな時でも記事は書く。書くと決めたから書く。ぜったいやりきる。自分はできるって自身をつける。そのために毎日コツコツやる。今はもうそれだけ。あとは自分ともっと対話して内観して自分の世界を作っていくだけ。シナリオはできた。あとは現実化するだけだ。

タイトルとURLをコピーしました